このブログがネットの世界に少しでもプラスになればと・・・。人とは違ったアプローチで広く浅く、自分の経験をもとに役に立つ情報だけを意識し、雑談を混ぜたコンテンツにしていきたい。更新は少なくても長く続けたい。月3回程度の更新を意識している

PCって?

| ホーム |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
コンセントでPCのI/Fを_
梅雨明けで高温多湿になったが
只今、温度34℃・湿度60%
暑いと言うよりは気持ち悪いです

少しでも気持ち良くしたい
その一例で”洗濯を上手くするには?”

、洗濯の失敗(洗濯したのにニオウ)の原因は?
ネットではいろいろとのってますが
結局、何が最大の原因でしょうか。
個人的には”洗濯機に対する洗濯物の適正量”

良い洗濯の例を考える
まず、洗濯物の汚れを十分に落とす(長く洗い)
そして十分にすすぐ(注水すすぎ2回)
最後に強力に脱水(長い脱水)

しかし、この工程でもニオウ時はある
この時だいたいは、洗濯物の入れすぎである
これが原因で1つ1つの工程がまともにできていない

目安としては、洗濯機の半分ぐらいまでが洗濯物の適正量では、

これを意識すれば、100円の洗剤であろうと、部屋干しであろうと、うまくできます。
言うまでもなく、洗濯後すぐに晴天の昼に干すのがベストだが

ちょっとしたコツで物事は変わってくるのです。


PCも同じですな
まだまだ、発展途上の分野なのでいろいろなアイデアが出現してきます。

PCの本体自体は、部屋に置くのが当たり前だが
その内住宅のシステムの一部となるだろう
これを先駆けて、”コンセントでPCのインターフェイスを実現させる”

なぜ、このような事をするのか、ここでは意味不明であるが
その内紹介していきたいので、詳細は保留とのことで、、、

今回、コンセントに配置するのは

* 電源スイッチ
* アクセスLED
* LINE OUT 端子(スピーカーorヘッドフォンのための)

すべて適当な自作です。

* 電源スイッチは、既製のイタンターホン用のスイッチを利用
* LEDは、好みの色を、ここでは電源=黄色、HDD=青色
* ヘッドホンは、100円ショップの延長ケーブルを流用

LEDの輝度が強すぎて画像では、上手く表現できてないが
こんな感じです。感想=いまいちです。
また暇があれば作り直してみたい。


コンセントでPCのインターフェイス

スポンサーサイト
| ハード | 20:16 | トラックバック:0 | コメント:0
PCで部屋の温度変化を調べる
ようやく真夏に突入って感じだが、
夏はPCにとって大敵の時期だ.

すべてのパーツが高温により寿命を著しく低下させるのはほぼ常識


今回は、PCから部屋の温度変化状況を考察する
使用するソフトは、"WebTemp"
http://www.webtemp.org/
からDLできる

このソフトは"SpeedFan"と連携して様々なデータを時系列で表示できるのが特徴
PCをつけっぱにしていると、部屋の温度変化がCPU温度などに反映し状況が把握できる
エンコードなどする時は常駐させておきたい.

PCはアイドル状態にしておく
エアコンを19:30ごろON、20:00ごろOFF、7:00ごろON
だいたい21:00~7:00 と、9:00~14:00は部屋にはだれもいない
エアコンとPCはONのまま(電気代がもったいないw)
冷却ファンは常に一定速度である
CPUとMB・HDDの温度が連動していることからもわかる
(負荷をかければそれぞれがある温度に収束する)

Webtempによる温度変化


で、これで1つ気になったことは、
ふつうエアコンは設定温度を常に一定に保つよう設計されているように思われるが
実は1~2℃程度の範囲で、しかも20分程度の周期でゆらいでいることがわかった
すべての機種がこのように設計されているかはわからないが
当方が使用しているエアコン(National)ではこれが確認できた

PCが人間だとすると、この温度変化が体に悪影響を与えているのでは?
もしそうならば、エアコンで体調が悪くなる原因はこれかもしれない
なぜなら自然環境ではこんな短期のスパンで周囲の温度変化はないからだ
大昔の機種ならこれが、3~5℃の範囲かもしれない(インバーターがないため)

最近4畳ぐらいのスペースを改装(機会があればレビューしたい)し、
そこで寝ているがとにかくよく寝れる
以前の環境より騒音が少ないこともあるが、
部屋がせまいことによりこの温度変化がなまり
温度が安定しているのかもしれない
すべて仮説だが、時間があればデータをとってみたい
| その他 | 23:38 | トラックバック:0 | コメント:0
落雷の被害
これからの時期、落雷が頻発する時期となるが
早速、被害をうけました

* 5ポートハブ(LSW-TX-5EP)2003年製

  接続してないのに接続LEDが点灯し、ネットワークがほぼつながらない
  IPアドレスの競合
  ICの故障でしょう

* 電気温水器の液晶リモコン

  まったくなにも液晶に表示されない
  台所にあるもう1つの方はO.K

* タッチセンサー式ランプ

  勝手に点灯
  被害はなし

これまで、落雷の被害などたいして意識してなかったが
ここまで被害がでると、どうにかしなければならない

とりあえず、ルータ・モデム・ハブの電源はサージプロテクタに接続する
電話線もモジュラーに変換した直後に接続する

"NP-16Z 31A" なる雷ガードが配電盤の横にあったのだが、これまで活用してなかった
これで完璧とは言えないが、しないよりはまっしだろう

どうも、被害を受ける製品には特徴がある
ウィキペディアの”雷サージ”にも記載されているが、
”通信線がついているものだ”
電磁誘導により発生した電流により、ICなどが故障するのだろう

オンボードLANが故障したマザーなどは、
雷によるものが多いのではないのか?

最近のFAXの被害が少ないことを考えると
やはり最新の製品にするのがベストなようだ


この事は、少し知識がないので
学習することとしよう

雷ガード

| 周辺機器 | 21:37 | トラックバック:0 | コメント:0
| ホーム |

プロフィール

wildjackman

Author:wildjackman

RSSフィード
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索

最近のトラックバック
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。