このブログがネットの世界に少しでもプラスになればと・・・。人とは違ったアプローチで広く浅く、自分の経験をもとに役に立つ情報だけを意識し、雑談を混ぜたコンテンツにしていきたい。更新は少なくても長く続けたい。月3回程度の更新を意識している

PCって?

| ホーム |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
HD Audioの音質は?
3kmも人間を引きずって、車を運転する
完全に***!

タイヤに石がついてても、ロードノイズは聞こえる
それが人となれば、どんな音がするのか
裁判で難聴なんて言い訳はなしよ!

車の運転は、年齢と共に適当になるが
常に緊張感を持ってしなければならない事を再認識した
相手が動物でも同じだ

ずいぶん前、もうダメだと思ったが、神業的に(80kmぐらいだったから)
猫をかわしたことがあった
少し走った後、停車し後輪を調べると泥よけに少し毛が付着していた
引き返してみると、そこには何もいない
よかった・よかった。
なんとか気分良く帰ることができた。



HD Audio 、訳すと高解像度オーディオか?
いろいろ利点はあるが、その一つが音質だ
しかし、規格のビットレート・サンプリングレートが増大しても
実際、視聴する分には無関係なのが残念だ(アナログの場合)
最終的にはハードに依存する
特にマザーの設計やコンデンサの品質が影響するだろう
逆に言えば、AC’97でもこれらでだいぶ変わってくる
ただ、ドライバの完成度も影響するが、
HDAでは、チップメーカーによる互換性があるようだ

下の図からわかるように、
チップやタンタルをメインとしているノートPCでは
ノイズレベルでは、優秀だ

サウンドノイズ比較


ATXマザーも品質と耐久性をどうにかしてほしいものだ
スポンサーサイト
| その他 | 21:59 | トラックバック:0 | コメント:0
マザーの洗濯
少し前にN・H・Kの番組で、
どっかベトナムあたりで、マザーボードを劇薬で煮込んで
金を取り出している取材をしていた。

3000枚ぐらいで金塊になるから、売れば金もうけにはなるらしい
だが、横の池はドブ以下の汚染状態で、やっている人は心臓が痛いらしい
まぁ、先進国ではこんな事はしないだろうが、
この番組のタイトルが”希少金属の流出”だから、笑える

リサイクルやエコなどと言われているが、
これをする事によって、余計にコストや環境への負荷が増大する事を知らない人が案外いる

例えば、割り箸が必要か? と聞かれれば
別に箸を使えば良いのでは、となる

が、割り箸なんて間伐材を利用しているし、箸を使えば洗剤で洗う。
どっちが環境に良いかさえ疑問である

考えれば考えるほど、世の中は想像以上に複雑だな




古いマザーボードでも錆びているのは、そう見た事はない
かなり腐食に強く作られているようだ
洗っても問題ないと思ったので、洗うことにした

最近のマザーはカラフルになり、見てて飽きがこない
特にAOPENなんかは早い時期から、かっこいいマザーを作っていた
黒のボードに、青のAGP、茶系のPCI、赤の電源コネクタ・・・・

洗う事は、自己満足と故障リスクの引き換えである
割りに合わないのは誰もが分かる。
けど、洗ったあと新品の輝きを取り戻せば、やって良かったとようやく思える
無論、無事起動した時だが、

空きランドの半田が、ピカピカ輝く。
金の電極もきれいだ。
パターンも繊細に見える。

エアーダスターでは、これは実現できない。


洗浄したマザー
| ハード | 00:38 | トラックバック:0 | コメント:0
478ピン移植
携帯電話の進化すべき方向は間違っている
for example、
煙探知機能がついていれば、先日の放火の被害は少なかったのでは?
GPS設定でシグナルを出せれば、電車の乗り過ごしはなくなるのでは?
財布と携帯が10m離れた時警告できれば、無くす確率が減るのでは?
時速15km以上の何かが10m以内に接近したとき警告できれば、・・・?
・・・、・・・?

まだまだいろいろあるが、

こんな携帯があれば売れると思うな~、
PCをマネしようとするからダメなのだ
当分絶対に勝てるわけがない
ノートとデスクトップの差もまだまだ大きい

携帯メーカーさん参考にしてくださいな、



ちょっと前に北森3Gのピンを折ってしまった
セレロンなら捨てて終わりだが、P4はあきらめられない
すぐ修理をすることを考えたが、
これは至難の業だった
ネット上ではワイヤーなどで修理する例があるが、
あれではかなりの強度不足(いずれまた折れるだろう)

478ピン移植

そこで、他の478ピンを移植することにした
とにかく細い!
まず指先では持てない上、半田付けが必要である
結局3時間くらいかかったが、なんとかすんなりソケットに入るレベルに仕上がった
ささりにくいと、今度はソケットがダメになる
3本折れていたが、ミスで5本移植するハメになった
無論、折れただけなので動作するが、元の強度にはならない(2次災害になる可能性がある)


これができるようになれば、ソケットA・370は超簡単に思える
今更、意味はないが・・・
| ハード | 20:43 | トラックバック:0 | コメント:0
| ホーム |

プロフィール

wildjackman

Author:wildjackman

RSSフィード
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索

最近のトラックバック
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。