このブログがネットの世界に少しでもプラスになればと・・・。人とは違ったアプローチで広く浅く、自分の経験をもとに役に立つ情報だけを意識し、雑談を混ぜたコンテンツにしていきたい。更新は少なくても長く続けたい。月3回程度の更新を意識している

PCって?

| ホーム |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
電源変換ケーブルを作る。
燃費が悪いからという理由で、車を買いかえる人がいるが
実際はどうなのか検証したい

車A:車体価格200万、燃費20km/L
車B:車体価格100万、燃費10km/L
ガソリン100円/Lとする
これを10年で元を取ろうとすると、1日にどれくらい運転すればよいのか?
(ただし、税金・整備費用などその他は考慮しないものとする)

簡易計算で、10年で100万を1ヶ月で1万とする
1ヶ月で1万の油代に差が出るには2000kmとなる
車Aは1万円、車Bは2万円要する
1ヶ月で2000kmは、1日で約65kmだ

まぁ、とても美味しい話とは思えない

いつ、事故や盗難でどうなるかわからない車にお金をかけるのは
経済的なメリットはない
つまり、8km/Lの30万の中古車でも十分
それより安全性の高い車に乗るほうが重要である

以前、信号待ちしているクラウンの後ろに軽自動車がいて
そのさらに後ろから別の車が追突したが、
軽はサンドイッチ状態でグシャグシャ、クラウンはトランクがへこんだだけ
物理的法則で、車体重量の大きな車には絶対勝てないのだ

メーカーは何かと宣伝文句を作って車を売らなければならない
エコがどうのとか、はぁ?って感じですな
新しい物を作って廃棄する方がよっぽど環境に負荷がかかる
本当にエコを考えるなら、なるべく作らない・なるべく捨てない
しかしこれでは経済がまわらないが.....

いずれにせよ、エコカーとかフザケタトレンドにだまされてはならない




話はこの延長上で、
最近のマザーは24pinの電源コネクタだが、古いマザーは20pinだ
両方対応している電源ユニットが多いが、24pinしか対応してないものがある
これは、20pinのコネクタにあまらして接続しても問題ないが、
中にはコンデンサなどが干渉してつけれないものもある
そこで必要となるのが、延長コネクタ

買っても安いので自作するメリットはないが、エコを意識(ウソ)して自作する
必要なものは、必要ない電源とマザー、あとはホットボンド・ハンダ
作業自体は簡単で、ハンダ付けしてホットボンドで絶縁するだけ
画像を見てもらったほうがわかりやすいだろう

電源変換コネクタの自作

本来捨てるような物をを更に使うのが、真のエコなのだ!

スポンサーサイト
| ハード | 03:31 | トラックバック:0 | コメント:0
騒音の測定。
WBCでの勝利で日本は十分に実力があることが再び証明された
アメリカは本気でやって負けるのがいやなのか?
でなければ真剣にやってほしい
それとも真剣にやってこの程度なのか?

今回のドラマはやはりイチロー選手だろう
究極の終わり方でプロとしての誇りを証明した
まるで脚本どおりのシナリオというか....
こんなことをかくと苦しんだイチローさんに怒られるが
今更ではあるが、彼のすごさを思い知らされた



今回は様々なものの静音化についてのアプローチで
身近なノイズ(騒音)を簡易計測してみた
使用したソフトは、”WaveSpectra”
実にわかりやすいソフトです
実にすばらしいソフトでもあります

測定対象は、部屋のノイズ・PC近くのノイズ・窓からの昼間の屋外などです
チャットに使うマイクなので飽くまでも比較が目的です

音の性質であるが、

帯域:伝達距離・指向性

高音:長い・あり
低音:短い・ない

これを考慮すると

野外では低域の伝達は少ないが全体のノイズはそこそこ
室内ではPCなどの振動が大きいが全体のノイズは少ない
PCの前では共に大きい

と予測できる

合成画像なので見にくいが、
それらしき周波数特性も観測できました

騒音の比較


他いろいろ使えそうです

| ソフト | 17:25 | トラックバック:0 | コメント:0
3度目の液晶修理
最近は消費者をなめた宣伝文句が多い
全く効果がない、理論的効果がない
この様な製品でも堂々と店にならんでいる
それもそこそこ有名なメーカーでも存在する

最近でこそ排除命令がでるが、
先日、いびき軽減グッズがその対象となった
記憶する限りでは、10年以上前から存在する
言い換えれば、10年以上詐欺製品として売られていたわけだが....
そうなるとピップエレキバンも信用できるの?となる

まぁ、消費者が効果があるかどうかわかりにくいカテゴリーのものが多い
健康グッズ・カー燃費向上グッズ.....
これらは注意が必要だ

一方、本当に効果があるのも存在するのは確かだ
ただその効果が微妙なためプラシーボとされているのもある

よく燃費向上グッズで、
”効果があるならメーカーがすでにやっている”
なんて言われるが、効果があってもするかしないかは別問題である
コストに対する効果が少ないのは却下となるのは当然だ
その他いろいろな要因でできない場合もある

こんなことを考えなければ、買い物ができないのは実に悲しいことだ
消費が渋るのもしょうがないね



だいぶ前から液晶テレビが10℃以下になると
白黒映像か原色のスライドショーになる現象が発生
(一応、RGB端子がついているのでPCのカテゴリーとする)

普通に考えて、コンデンサのESR上昇による不具合となる
今回で3度目の分解となるが
1回目:カンで気に入らないコンデンサを交換→効果なし
2回目:ESR上昇のコンデンサを交換→効果なしだが画質UP
で、今回は表面実装型のコンデンサを交換することになった

2回目の時点では、表面実装型は問題ないだろうと考えていたがこれが間違いだった
ESRを測定すると、ひどい物は10~15があった
すべて”SAMYOUNG”製なので
この際、すべて交換することにした
電解アルミの方は、”G-LUXON”、”SAMWHA”も一部あった

結果として画質も向上(鮮やかになった)し問題なくなった
すべて交換したのだから当たり前と言えばそうなのだが、
また、モニターの発熱がかなり低下していた
コンデンサのESR上昇→FETなどへの負荷→発熱
これが改善されたのだろう

これで、すべて国産コンデンサにしたので当分使えるだろう


取り外したコンデンサ
| ハード | 08:18 | トラックバック:0 | コメント:0
| ホーム |

プロフィール

wildjackman

Author:wildjackman

RSSフィード
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索

最近のトラックバック
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。