このブログがネットの世界に少しでもプラスになればと・・・。人とは違ったアプローチで広く浅く、自分の経験をもとに役に立つ情報だけを意識し、雑談を混ぜたコンテンツにしていきたい。更新は少なくても長く続けたい。月3回程度の更新を意識している

PCって?

| ホーム |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
cp1_タッチパッドを...
車載PCをやっているので、ここでは車ネタを多くしてます

さて、個人的な車という物について述べてみたいと思います
車はいろいろな見方ができ非常に面白いものです

それは、移動手段・個人的空間・趣味・ステイタシー・経済への影響・他人との関係の場・etc
と多くの要素とからんでいます

はじめて車を乗るときは、まず移動手段として考えるでしょう
そして、自分の趣味に合った車を選び、個人的空間を形成し、個人的ステイタシーを持ち、
車を通じて他人とコミュニケーションをとることでしょう
で、これらすべてが経済にからみます

それだけではなく、走る道路・目的地の建物、これらにも多大な影響を与えます
だからこそ自動車産業は巨大になるのでは....

逆に動物を簡単に死に追いやる、最低な物とも考えられます


普段、運転している時こんな事は考えないが
作文を書こうとするとこんなふうに思ってしまいました....




車内で光学式マススなんか使えたものではないので、
タッチパネルがない今、その代わりの候補としてタッチパッドがある
(オンダッシュモニターなのでタッチパネルは使いにくい)

先では買うかもしれないが、とりあえずはノートPCを利用する
配線(4ピンのフレキケーブル)は先のことを考慮してUSBで行う

必要な部分だけ切断し、ここでもクリアーファイルを利用し側面を形成する
こんな感じです↓

改造したタッチパッド

塗装は光沢化してみたが、不自然なのでツヤ消しに変更する
さわるだけにツヤ消しの方がキズにも強い

後はフレキケーブルにUSBケーブルをハンダ付けした後、
クリアーファイルを裏側に貼る

下の絵はリアルタイムビフォアーアフターです

タッチパッド比較

この改造品は、センターコンソールとシフトノブの間に配置する予定


スポンサーサイト
| 車載PC | 11:22 | トラックバック:0 | コメント:0
cp1_インバーターが....
そろそろ国民は気づきだしたのではなかろうか?
"M党はぜんぜんダメだ"
ということに....

やはり、長年の腐敗した政治構造はそう簡単には改善できないようだ
この国もいよいよ崩壊の兆しが見えだした

財源がないのもわかる。
自由にできないのもわかる。
他が邪魔するのもわかる。

だが、
M党さんよ!
なんとかしてくださいな
もう次のカードがわれわれには無いのだ....




長い間、車載PCを通電してなかったので
液晶の動作テストもかね、ケースにパーツを装着し
さぁ、キーをまわす

あれっ、電源がONにならない
車内で簡単にテスターでチェックすると
12Vはきているが、AC100Vが出力されてない

おい・おい・おい
早くもインバーター故障?

車内ではこれ以上なにもできないので、
室内に持って帰って、インバーターを調べると
AC出力の片方のケーブルのハンダにクラックがはいっている
よーく見なければ気づかない程度だが、断線している

ハンダにクラック

やはりこのインバーター、以前の抵抗の件もあり信用できない
もちろんこの原因は自分自身にあるのは承知しているが、

ついでなのでハンダをできる限り強化する
(12V入力部分は特にハンダを盛って抵抗を下げる)

再度、後部座席においてキーをまわす
あっさり起動

オンダッシュ液晶モニター

後日、100km程度意味もなくうろうろする

感じたことは、
夜は、液晶の明るさを最低にしても明るい
前方の視界にとっては目障りである
オンダッシュは見易い位置だが、夜は目障り

あと、光学式マウスは使えた物でない
中央分離台に激突しそうになった
運転中は触ってはいけないな!

結論:

運転している時は液晶をOFFにしておくのが安全である
そうすれば気にならないし、さわることもない

横の信号待ちの車も、モニターにデスクトップが表示されてたら不思議だろうし....


| 車載PC | 06:22 | トラックバック:0 | コメント:0
cp1_フロントIFを作る
ブレーキパッドを交換時不具合を発見してしまった
スライドピンの固着である

交換したことがある方はわかるかもしれないが、
これが固着するとパッドが正常に機能しなくなり
パッドの編磨耗や常時パッドがディスクに接触するトラブルになる

幸い固着時期がそれほど前ではなく、それらのトラブルはなさそうだったが、
とにかくボルトを取るのに苦労した

パッド自体はそれほど減ってなかったが、購入してしまったので交換した
(また、先で使い切るつもり)

やはりブレーキだけは、定期的にチェックしなければならない
プリウスではないけど、ライトが切れるのとは訳がちがう

対策としては、多少ボルトを磨きグリスを塗った




091031に計画していた、スイッチなどを小物入れにつくってみた
技術的にも時間的にも手間的にも、文字など透過させることはできなかったが、
なんとか、使えるレベルにできた

材料はアクリル板・クリアファイル・ジャンクマザー・スイッチ・LED
これらを配置し、配線をハンダ付けするだけ

計画時と異なるのは、PCの電源スイッチのみ
休止状態からの失敗時にこれで強制電源OFFできなければ、めんどうである

スイッチなど

USBやオーディオは実際にPCに接続して動作チェックする
単なる延長コネクターなので...

作ってから思ったが、スイッチのLEDをそれぞれの電源と連動させた方がよい

でないと、PCの電源がONなのかわからない
まぁ、そのあたりは配線次第でどうにでもなる

| 車載PC | 16:16 | トラックバック:0 | コメント:0
| ホーム |

プロフィール

wildjackman

Author:wildjackman

RSSフィード
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索

最近のトラックバック
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。