このブログがネットの世界に少しでもプラスになればと・・・。人とは違ったアプローチで広く浅く、自分の経験をもとに役に立つ情報だけを意識し、雑談を混ぜたコンテンツにしていきたい。更新は少なくても長く続けたい。月3回程度の更新を意識している

PCって?

| ホーム |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
cp1_SSDを用意する
世の中には、100人の内1人は必ず悪者がいる
でなきゃ、犯罪なんて存在しない

同じように、100人の内1人は必ず運転マナーの悪いのがいる
大体、乗っている車と一致する

私の所では、タ**ー・代*・中大型箱バ*、が代表例
もちろん完全一致するわけではないが、確立は高い

私自身は運転マナーにはかなり気を使っている

* 車線変更では必ずウインカーを出す
* 譲ってくれればお礼をする(手を上げる・ハザード・夜は軽くクラクション)
* 前の車をあおらない・車間距離を保つ

だが、やつらはこの当たり前なことを決してしない

じゃ、お前は追い抜きはしないのか?

はい、します。ただ、

* 追い抜きをして意味のあるところ
* 追い抜き直前まであおらない
* 追い抜き禁止でないところ(なるべく)

この状況がそろった時は、申し訳ないが追い抜きさせていただく

じゃ、お前はあおられたらどうする?

はい、次の状況では制限速度の*倍程度までは出します

* 車以外の者が極めて少ないとき(夜間・郊外)
* 同乗者がいないとき
* 元気なとき

ほとんどの場合、その後決してあおってくることはありません


悪者に対する、ささやかな抵抗です。




さてようよう、車載PCの環境がととのって試運転の段階まできたが
いろいろ問題が発生

この時点での問題は2つ

* 振動
* ACC連動で起動しない(エンジンOFFでS4には移行する)

試運転で50km程度走行したとき、WMPがフリーズしその後、ブルーバック
この時、USBメモリのMP3を再生していた

停車し、HDDのMP3を再生すると、時速5km以下でも同じ状況となった
これにより、HDDが振動に耐えれないことが判明

ローダウンしてあり場所がトランクなので無理もない

で、確信するため下の絵のようなものを応急的に作り
また、試運転を行った

HDDの応急的振動対策

これは、割り箸と3色ボールペンのスプリングである

が、頻度を低下したものの同じ現象が再発
で、どんなに対策してもこの不安材料は消去できないと考え

SSDを用意した
最近は、やっと値段もまともになり現実的になってきた感じだ

インテルの"X25-V"(40GB)
Cドライブなので40GBあれば十分である
プチフリもない模様

これはSATAなので、IDEから変換しなければならない
変換基板もSSDも電源は5Vなので問題ない

これで、上の2つは解決した
なぜか、2つ目も解決したのである(原因不明・SSDによるものかもわからない)


ところが、次なる問題が発生
次回に続く...



スポンサーサイト
| 車載PC | 03:22 | トラックバック:0 | コメント:0
cp1_車内配線をする
車の電装品を自由にDIYできると、非常に面白い
ちょっとLEDをつけるだけで、雰囲気が変わったりする

照明などは、近くのグランドに落とせばいいので配線も簡略化できる

ただ、車内が明るくなるのは好きでないので
スイッチでいつでもOFFにできるようにしておくし
抵抗で光量を調整したりアレンジは必要になる

インジケーターが明るすぎるのは目障りなだけだから

最近は、LEDも安いのでお手軽だ


春のDIYにちょうどいい





車載PCをするにあたっての1つのこだわりは...
とにかく、配線を見えなくする

だから、小物入れを改造したりしたのだが

配線はセンターコンソールの下を通過させる

まずは必要な配線を、頭の中でシュミレーションし

車載PCの配線

ギボシ加工などあらかじめ済ましておく
ギボシ加工も数が多いので疲れた

ギボシ加工

後で接触不良などならないように確実にし、
間違わないよう、ラベルを貼っておく

また、後のメンテナンスのことも考慮し
適度にギボシを挿入し、パーツ単体ではずせるようにしておく
(例えば、センターパネルをはずせば室内に持ち帰れるようにとか)

RGBケーブルはなぜか、5mのものが眠っていた
こんなところで使うことになるとは...
5mともとなると抵抗を考慮しているのか、かなり太い
当時、値段も高かった(閉店セールで買った記憶が....)

車内で配線が見えるのは、液晶のところと

オンダッシュ液晶のところ

タッチパッドのところである

タッチパッドのところ

最小限にすることで、純正の質感を壊すことはない

センターの感じ

これで、やっとトランクにケースを配置することができた

12cmファンの使用もあって、車内からは車載PCがONなのかどうかすらわからない
ここで、HDDの電源(5V)から120Ωの抵抗でLEDをつけた意味がでてきた

小物入れのシーソースイッチの緑がPC、赤がINVの電源ON状態を示す

早速テストドライブだが、

いろいろ問題発生!!

次回から詳細をやっていくとする


現在、周辺機器(GPS・ワンセグ・HDD)を増設中。




| 車載PC | 03:30 | トラックバック:0 | コメント:0
cp1_ケースを作る#3
塗装ってDIYでは、結構難しいといつも思う
特に個人レベルでは、設備や環境が十分でないため不利である

車のキズなど、修理できるレベルになればかなりなものである

個人でいろいろ塗装されている方がおられるが、ほんと関心する
経験して初めてわかる部分が多く、こればっかりは実践するしかない

最終的には個人の自己満足なのだが、1つでも自分自身でできることに意味がある


人は頭脳だけでなく、行動をブレンドできることが
1つのアドバンテージではないのか





ケースは光沢塗装する予定だったが、
やってみてかなり不自然だった

また難易度も高く下地の影響がモロに見える

下は光沢塗装の様子

光沢塗装途中の様子

乾燥するとさらに写りこみが綺麗なのだが、このケースには合わない様子
しかも、ウレタンなど使わないので(値段が高いため)キズにかなり弱く実用的ではない

よってつや消し塗装に変更する

車載PCケースをツヤ消し塗装にする

この方が自然な感じ

ケースといっても必要なパーツを詰め込んだだけの単なる箱なので
あまり美的感覚はない

所詮トランクに入れるので常時見えることはない

ツヤ消し塗装は数時間でできるが、
光沢塗装に費やした時間と塗料は多大だった


経験値UPと考えるしかないようだ...


| 車載PC | 06:10 | トラックバック:0 | コメント:0
| ホーム |

プロフィール

wildjackman

Author:wildjackman

RSSフィード
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索

最近のトラックバック
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。