このブログがネットの世界に少しでもプラスになればと・・・。人とは違ったアプローチで広く浅く、自分の経験をもとに役に立つ情報だけを意識し、雑談を混ぜたコンテンツにしていきたい。更新は少なくても長く続けたい。月3回程度の更新を意識している

PCって?

| ホーム |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
車載PCの消費電力
そろそろ原付を動かさないと、
と、思ったが、

”キック固着”

Kick_starter

赤の丸の中の部品がサビついている

5-56につけこんでもだめなので、
バーナーで焙り、
(556は燃えます)
トンカチでシバク。

動くようになったので、
グリスを塗りたくる。

エンジンをかけると
これもまたマフラーから白煙だらけ

近所迷惑なので、
手で押して空き地まで移動

そしてその辺をウロウロ


まったく手間がかかる






車載PCの消費電力を計測してみると

14Vで、6.2A

えー!74W とは多いな。

液晶モニターもコミだが、
これではatomの意味がない

計測誤差もあると思うが、AC100Vで計測すると55W

AC/DC変換効率は、74%となる
まーこんなものだろう

300Wのインバーターなので100W以下だとかなり効率は悪い

さらに電源の効率もあるので、これが80%だと仮定すると
PCと液晶で44Wぐらい

44Wのものを動かすのに、DC→AC→DCで、
74Wに化ける

トータル効率60%

さすがに安定しててもちょっと気になりますわ


DCコンバーターを探すとするか


スポンサーサイト
| 車載PC | 21:42 | トラックバック:0 | コメント:0
DVDバックアップ苦戦
この国も歴代の総リは売刻奴が多数
これをはたしてどれだけの国民が現時点で知っているのか?

現在の家畜みたいなのも、消日税象税を強行
「政時声明をかけて」とか意味不明なことをア歩のように繰り返していた
お前はいったいだれのためにしているのか?
今すぐに機えてくれることを心から願う
歴代の売刻奴と字極で再開していただきたい

さすがに正治に興味のないおばちゃんにも、おかしいことがわかりだした
インチキをやればやるほど、嘘がバレル
もはや、やることすべてが裏面にでる

やはり嘘を永遠に隠蔽することはほぼ不可能となった

私は数年前まで日翻人が、これほどまで優秀な民族であることを知らなかった
オリンピックでもふざけた信販がいる中、いったいいくつのメダルがとれたことか
柔道で判定が変わった時、ほんと笑えた
親分の力の低下を感じたからである

やはり物事は、真面目で誠実でといった当たり前のことがすべてにつながっている
このことが人間のレベルを高めることを証明した


武嶋にきた売刻奴についての韓国人へのインタビューがあった
3人の内最後の1人が、こう答えた

「政時的目的のための、パフォーマンスである」

韓国人でも分かっている人がいるのか、メディアの意図なのかわからないが
このように報道されることは、ほんと進歩していると思う

意味がわからなくても、少し考える人間が増えるはずであるからだ

この細かいことの積み重ねが勝利へと導く


はやく土留がクズ(仮想的にはすでにクズ)になることを願う
それしか地球の未来はない





レンタルDVDもデフレの影響で50円が当たり前となっている
10本で500円。安い。

映画など2回見ることはほぼないが
20本もかりると1週間ではみきれない

そこで、対策をしなければならないのだが

今まで、”FabDecrypter”で事はすんでいたが、そうもいかなくなった

現時点で個人的ランクをつけると

1:AnyDVD
2:DVDFabHDDecrypter
3:DVD Decrypter
4:DVDShrink

AnyDVDは常駐型なので万能である


フリーになってくれることを願う


| ソフト | 23:45 | トラックバック:0 | コメント:0
WMP再生スクリプト(修正)
ご存知ですか?
ダウンライト蛍光灯の互換性について。

今まで知らなかったのだが、

結論からいいますと
下の絵の蛍光灯は、ワット数の互換性がない

downlight

(蛍光灯だけ写しても殺風景なので、ガイガーカウンターも写しました。)

普通、電球はどんなワット数でも装着できるが、
こいつはできないのである

27Wがついていれば、器具自体の対応が27Wであるということ

それを知らずに、27Wのがついていたのだが、9Wを買った。(エコ思考)

27Wをとって、9Wをつけようとすると全く入らない
これはおかしいと思い、コネクタを見ると微妙にちがう

頭にきて、ルーターで削って装着しました
(メーカーもこんなことをするバカはおらんと思っていたみたい)


はい! バチがあたりました!

明後日、消えました。
これはおかしいと思い、器具のラベルを見ると

「27W以外は装着できません」


なにーーーーーーーーーーー。


もう1つの9Wを外そうとさわると、手袋のゴムが溶けました。
異常発熱ですね(火事になりますわ)


無知の改造は、こうなります。

(被害総額:1300*3=4200円)







2010.08.31に、WMP再生スクリプトを紹介しましたが、
以下のバージョンでないと、動かないケースがあるので
訂正しておきます。


;WMP_再生(修正バージョン).ahk------------------------------------


Sleep,1000
DetectHiddenWindows,On
WinWait,ahk_class WMPlayerApp
Sleep,1000
Send, {Media_Play_Pause}

;*******************************************************************
Run,C:\Program Files\Windows Media Player\wmplayer.exe /Task Library
;*******************************************************************

Sleep,5000
WinMinimize, A
exit

;----------------------------------------------------------------


相変わらず、ど素人プログラムですので改造よろしくお願いします。


今のところ車載PCを起動させて、ストレスなく自動再生します。

地図ソフト起動させているときは、最小化させた方がいいと思います





| 車載PC | 23:14 | トラックバック:0 | コメント:0
次世代の水冷PC?
熱が問題になるのは、人間だけではない
マシン類はすべて影響する

そのため、冷却が必要となるが、
既存の製品は、冷却不足のケースが多い

例えば、
夏の車の燃費が悪くなる要因は、エアコンの使用であるが、
車種によってはそれだけでないケースもある

fuel efficiency

特に、ターボ車は発熱が多いため冷却不足の車種がほとんどだと思う
私の車も外気温が30℃を超えると極端に燃費が悪くなるケースがある
(チョイ乗りで、4km/Lとか [通常平均、9.5km/L])

これは、保護機能によりパワーダウンか、燃料による冷却である

そこで、純正インタークーラーに、PCの9cmファンを4個装着し、

intercooler_fan

さらに、エアコンコンデサに12cmファンを7個(4個+3個)装着した

結果、発進のレスポンスとトルクが増大し(秋のような感じ)
エアコンの効き始めも早くなり、アイドリングでも性能不足を感じなくなった

燃費は、全体的に0.5km/Lぐらい増加し、道によっては13km/Lを超えるようになった

水温も、外気温30℃のときに5℃ぐらい下がって、82℃ぐらいです。
そして、停車時、前は90℃まで増加してましたが、85℃ぐらいまでしか増えません。

と、まぁー、ちょっといじるだけで、これだけ変化があるのです


エアコンの性能を上げることは、冷却水の温度の低下につながる
エアコンコンデンサを通過した空気がラジエターにあたる影響もあるが、

エアコンは冷却水の温度で、送風温度をコントロールしているからである
つまり、エアコンの冷媒が冷えれば冷えるほど、冷却水の熱が必要となり
(冷却水の熱がなければ夏でも車内は、冷蔵庫になります。)

結果、冷却水の温度をエアコン使用により低下させることができる
この意味では、エアコンコンデンサ自体もラジエターの一部と仮想的に考えられる


みんカラなどのサイトで、コアに霧を噴いて冷却したりするのはよく見るが
これは、常にできるわけがないので常時効果は期待できない

また、前置きインタークーラーは性能的にはまったくダメ
(前置きインタークーラー → エアコンコンデンサ → ラジエター)
見た目はかっこいいのはわかっているのだが、
ラジエターの前に物をおいて水温が上がらないわけがない。
すべてのパーツの劣化につながる。
メーカーが採用しない理由はもっともだ。

インタークーラーで冷やされても、水温が上がってパワーダウン
本末転倒である(もちろんレースの世界は話がちがうが。)


NAでインタークーラーを装着するケースはほぼないが、
夏に限っては、意味があるのでないかと考える

ただ単に装着する(高温が少し下がるだけ。例60℃→40℃)だけでは意味がないと思うが、
ファンを装着する(例45℃→35℃)ことにより吸気温度低下の可能性がある

つまり、ファン装着したときのみNAでも意味があるのではないかと推測する。
(まったく根拠なし)


 
この話のついでですが、
燃費というものは、100回計測すると、100通りでると考えてよい
これが、燃費というものを数値で判断する難しさである

特に冷感始動は、どうしてもガソリンを濃く噴くので燃費が上昇しにくい

ストップ&ゴーも極めて悪い
渋滞しているだけで、燃費はガタ落ち

よって、天候・気温・場所・時間・運転方法、などすべて影響する

それが分かると逆に給油時の燃費を予測できる

平均燃費10km/Lの車だと、だいたい4~14km/Lが計測範囲である
当然、距離が増えるほど平均燃費に収束する


出回っている燃費グッヅは、全く効果のないものがほとんどだが、
(効果のあるものは見たことがない)
季節によって燃費が違う事実を追求すれば、燃費改善が見えるのは納得できるかもしれない


この話のついでですが、
渋滞はなぜおきるのか?

トロトロ走る車が一台、先頭に存在するからである。
無駄に車間距離をとって、トロトロ走るのはホントやめていただきたい。

その後ろの人間全員の時間が失われるからである




水冷PCはずいぶん前からあるが、普及してない
これは、まず水冷にするメリットが少ないからである

空冷ファンを水冷ファンにするだけだからである

そこで提案としては、水冷ファンをなくしPCケースを放熱板として利用する
例としていえば、冷蔵庫みたいなもの
これにより、CPUファンは必要がなくなり静音化が期待できる

そして、新たなPCケースとしての需要が期待できる


ケースメーカーさんつくってくださいな。


| ハード | 14:00 | トラックバック:0 | コメント:0
| ホーム |

プロフィール

wildjackman

Author:wildjackman

RSSフィード
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索

最近のトラックバック
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。