このブログがネットの世界に少しでもプラスになればと・・・。人とは違ったアプローチで広く浅く、自分の経験をもとに役に立つ情報だけを意識し、雑談を混ぜたコンテンツにしていきたい。更新は少なくても長く続けたい。月3回程度の更新を意識している

PCって?

ヒートパイプの冷却水 | main | ICH8は最低。
| ホーム |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
マザーの改悪
先日、とある目的で大手カー用品店にいってきた
目的とは、走行距離が多いのでエアコンのガスが減っているか調べるためであった

私:「エアコンのガスが減っているか調べるのって工賃いりますか?」
店:「いりません」
私:「そしたらお願いしたいのですが、」
店:「今、混んでいるので、1時間半かかりますが、」
私:「1時間半?」
私:「じゃ、また今度にします。」
店:「あぁ、30分ぐらいで大丈夫のようです。」
私:「(てめぇー、ふざけてるのか?)じゃ、待ちます。」

すぐにピットもどきに車が入ったので、ついていく
そして、結局ガスとオイルを充填することになったのだが、
そのときいろいろ話を聞きました。

134aの冷媒は、ガスの圧力が高いので少なからず漏れていくとのこと
調べるには、窓を見てガスの気泡の状態をみる
* 比較的大きな泡が流れていると、1/3ぐらい漏れている
* 細かい泡が途切れ途切れに流れていればほぼ減っていない
そして、今回オイルも入れてもらった
オイルがなくなればコンプレッサーが焼ける
まず、オイルを15分ほどかけていれ、
次に、ガスを入るだけ入れる(これも15分ほどかかる)
これをガスの缶を逆に向けて早く入れると故障するらしい
GSはやる人が多いみたい(昔の冷媒は圧力が低いので問題なかったようだが)
エキスパンションバルブってのがこわれるとのこと

-実際きちっとやるなら、全部抜いたあと真空引きして規定量入れるのがベスト-
(最近はそのような機械があるそうです)

そして結果、かなり効くようになりました
しかも低速トルクへの影響が減ったような気がします
もともと十分効いていたので、AUTOエアコンであるのに寒いくらいです
最近、温度が下がっているので夏に期待ができる
去年の真夏は、太陽が照りこむと少し能力不足を感じていた

しかし、この作業はリスクもあるようです

それにしても、今回作業をしてくれた整備士さんはとても愛想がよく接客も抜群でした
だから、作業中も他の整備士さんがいろいろ不明なことを聞きにきていました
やはり、このような性格だと人は自然と集まるものなのです
時々、社交辞令で愛想を作る人がいるがほんと見苦しいですね
もっとも、社交辞令でも愛想が作れないヤツは論外ですね






先日、動かした370マザーをそのまま倉庫にしまうとおもしろくないので
あることをしてみた

CPU横の(絵の赤の矢印全部)コンデンサをすべて容量を半分のものに交換してみた

コンデンサを悪いものに交換

するとなんと、メモリテストはパスするものの、
WindowsXp起動直前でフリーズする

つまり、強制オフしたときセーフモード選択の画面で
何秒かカウントダウンするがそこでフリーズする

何が言いたいかといえば、
BIOSが起動したり、メモリテストがパスするのはあまり意味がない
多くの負荷をかけて初めて、正常かどうかわかる


PC自作ユーザーは知っている方が多いと思うが・・・。


| ハード | 21:12 | トラックバック:0 | コメント:0
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://wildjackman.blog119.fc2.com/tb.php/138-5a0711d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

wildjackman

Author:wildjackman

RSSフィード
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索

最近のトラックバック
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。